ホーム
お知らせ
大会情報
申請書類
連盟概要

ホーム > 大会・合宿情報

岩手県ボクシング連盟の大会や合宿の情報をご紹介します。

岩手県ボクシング連盟

2024/05/11 関東大学リーグ戦が開幕しました   関東リーグ岩手勢は現在7名在籍しており、初戦では3名がリーグ戦出場しました       渡辺 健心選手〈黒工▶︎明治大学〉   画像は”sakanaチャンネル”さんから引用 タップで”sakanaチャンネル”さん試合動画へ   なにげにリーグ戦に出場している渡辺選手   昨年に比べ縦に刻むリズムと左へのダッキングに変化を感じました   リズムの緩急から様々なアクションを起こせる動きが見て取れました   ですが今回は相手選手の左ストレートに苦戦する展開が続きました   3ラウンド目、相手の左にブロッキングやダッキングで対処し地合いが変化しつつもオーソドックスとサウスポーの中間距離では、距離が読めている側と対処する側で対応に追われ苦戦したような印象でした   敗れはしたものの、UJ時代からボクシングを継続する謙虚な姿勢を持った渡辺選手は実戦の基本動作含み後輩達の良い模範選手かと思います     木村 琉雅選手(江南義塾▶︎中央大学)   昨年に続きサークリングを軸にスウェーやダッキングでパンチをさばき   軽快なリズムと前の手のダブルを多用する万能ボクサー型の木村選手   画像は”sakanaチャンネル”さんから引用 タップで”sakanaチャンネル”さん試合動画へ   今回の試合は相手選手とのフォルムの差が気になりましたが、スピードはまさにフェザー級でした   フォルムに差がある相手選手の土俵である接近戦に転じた流れには   分厚い相手選手が木村選手の中間距離をプレッシャーでかき消した試合展開があったように感じました   めちゃ速いスピード特化型の木村選手、今後もスタイリッシュなボクシングを磨いて最前線で頑張って下さい!   鳥谷部 魁選手(黒工▶︎拓殖大学)   髪が伸びた鳥谷部選手   昨年に比べパンチのキレ、グリップの強さが映えていました   そしてYouTube配信者さんのカメラワークが教えてくれるチーム戦の大切さも印象的でした   ぜひ岩手選手の皆さんには応援含み参考にしていただきたい試合だったと思います   先ず、捨てパンチを使った距離のキープ感が凄い!   画像は”sakanaチャンネル”さんから引用 タップで”sakanaチャンネル”さん試合動画へ   2ラウンド目序盤、相手選手のアグレッシブな攻めをご自身の距離で収めたシーンが印象的でした   また、被せられたビックパンチも細かな連打で返していき試合を構築する姿勢を感じました   鳥谷部選手の凄いところは試合中に細かな距離感を修正するところに有りますが、今回もそれが現れておりました   絶妙な距離感が出入りを生み相手選手を揺さぶりつつ終始攻勢を強めた鳥谷部選手、初陣を勝利で飾りました   岩手のエース鳥谷部選手、岩手の選手達を牽引いただけるよう爆進してください!     岩手の最前線で活躍されている大学生の皆さんに大きなリスペクトと、最大限の応援を送ります!   後輩達へ良い姿勢を示していただければと思います                                  
2024/05/03〜2024/05/05  黒沢尻工業高校にて新潟/山形/秋田/青森/岩手の各校が集まり   高校生らによる合宿が行われています     初日は100名を超える選手達が集まり60ほどの組み合わせで実戦が行われました   各県各選手、個々のデバイスで自身の実戦動画を見直している光景を見ると実戦▶︎結果▶︎検証の良い改善スキームだなぁと感じました     黒工キャプテン石川選手   今回の合宿が今期の主要大会で活かされるよう頑張ってください!
第76回盛岡市スポーツ大会が、令和6年4月27日に盛岡体育館で行われました     シーズンの開幕を告げる今大会、まだまだ荒い試合運びが目につくなかでも大熱戦を展開、会場は大いに盛り上がりました   岩手大学選手 インターバル中の一幕   学校対抗は盛岡南高校が、成年団体総合は岩手大学が優勝しました。今後、高校総体、県民体育大会に向け、更なるレベルアップが期待されます   直近には高総体が控えております   選手の皆さんには大会に向けた日々の鍛錬と体調管理、学業とプライベートの充実を大切に過ごしていただきたいと思います   岩手大学生選手の皆さん   盛岡南高校の部員選手の皆さん  
4月20日(土) 黒沢尻工業高校にて県の主要高校による年度初の大会が開催されました   〈参加校〉 黒工/水工/水沢農業/花巻農業/江南義塾/千厩高校     今期最初の今大会では各校新キャプテンによるUJ上がりの一年生選手も参戦する初陣となりました   新キャプテンの面々   直近には高総体/県民体と主要大会が控えており今大会はその前哨戦にも位置付けられる大会でした   ざっくりと3年生は培った経験と技術、出来上がってきた身体で仕上げを構築する戦略を、2年生は自力と良点を磨きスタイルを確立するフェーズへと、UJ上がりの1年生はまだフォルムが薄いゆえドップリ打ちあえない部分を技術や足の運びでリカバーしつつ攻略する戦略と、各々のフェーズが分かりやすい形でスパーリングで体現されておりました   特に直近の高総体では今大会に参加した選手全員良い試合を出来るのではないかと感じました   各校がチーム団結し良い群雄割拠となるよう応援していきたいと思います      
全国高等学校ボクシング選抜大会結果は下記の通りとなります   岩手代表下屋敷選手は善戦ながら敗退となりましたが今期の弾みとなるきっかけになればと思います     下屋敷選手(青) 互いのストローク(画像左)からのインパクト(画像右)   接近戦では同等の手数に感じましたがインパクトに差が出た印象でした   接近戦において相手選手にはストロークがあり当たった際のインパクトが冴えました   初動がコンパクトな下屋敷選手、初動がコンパクトな分フォロースルーが加わると腰の回転も拡がる事で次のパンチにもストロークが生まれ、よりインパクトが生まれたような印象です     2ラウンド目に見せた中間距離の縦リズムからゼロ距離への踏み込み   今回の試合で最も印象的だったシーンは、下屋敷選手の踏み込みの速さでした   つま先からの強い脚力と接近戦が得意な部分にポテンシャルを感じました   今後も岩手女子ボクシングを牽引していただきながら高校ボクシングに悔いのないよう今期の大会で爆発していただければと思います  
  2024/03/25 ~ 2024/03/29岡山県 玉野市総合体育館にて全国高等学校ボクシング選抜/JOCジュニアオリンピックカップボクシング大会が行われています       岩手県からは下屋敷選手(盛岡南高校)がエントリーしています   3月27日(水)岩手選手のスケジュールは下記の通りとなります   YouTubeライブ/アーカイブはコチラから           岩手代表の応援よろしくお願いします!